kintoneはIT導入補助金の対象になる?

公開日:2024/03/15 最終更新日:2024/05/23
kintoneはIT導入補助金の対象になる?

kintoneはIT導入補助金の対象になるのかを解説します。kintoneの導入費用がIT導入補助金の対象になるのかどうか知りたい、という方も多いのではないでしょうか。kintoneが補助金対象であれば、システム導入のコストを抑えられるのでお得です。IT導入補助金の内容とkintoneは対象なのかを詳しく紹介します。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金は、業務の効率化やDX化を進めるためのITツール導入を支援する補助金です。申請者とIT導入支援事業者の共同で補助金申請する必要があります。

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者の労働生産性の向上を目的としたITツール導入を支援する補助金です。自社の経営課題や現場の要望に適したITツール費用の一部を補助してくれるため、対象のITツールを導入する際には活用するとお得です。

補助額は最大で450万円、補助率は1/2~4/5の手厚い補助が受けられます。IT導入補助金は、インボイス制度の対応にも活用可能。ITツールの導入は、バックオフィス業務の効率化にもつながります。

IT導入補助金の対象となるもの

IT導入補助金の対象となるものは、事前に事務局の審査を受け、ホームページに公開されているITツールです。IT導入補助金2024では、ITツールを導入する目的や用途、システムによって異なる5つの枠が用意されています。IT導入補助金の対象枠は、以下の通りです。

・通常枠

・インボイス枠(インボイス対応類型)

・インボイス枠(電子取引類型)

・セキュリティ対策推進枠

・複数社連携IT導入枠

それぞれの補助対象枠について解説します。

通常枠

通常枠では、中小企業や小規模事業者のITツール導入を支援してくれます。業務の効率化と売上アップをサポートします。プロセス数により補助額が異なり、1種類以上の業務プロセスを保有するソフトウェアを申請することが条件です。

汎用プロセス単体では、補助を受けられません。通常枠の補助率は、1/2以内。1プロセス以上の補助金は5万円以上150万円未満、4プロセス以上の補助金は150万円以上450万円以下です。

通常枠のITツール費用は、ソフトウェア購入費用や最大2年分のクラウド利用料などが対象。拡張機能やデータ関連ツール、セキュリティ対策、導入コンサルティング、保守などの導入関連費も含まれます。

インボイス枠(インボイス対応類型)

インボイス枠(インボイス対応類型)では、インボイス制度に対応したシステムの導入をサポート。インボイス制度に対応した会計ソフトや受発注ソフトにより、デジタル化を推進します。導入するシステムによって、補助率・補助額が異なります。

インボイス枠(電子取引類型)

インボイス枠(電子取引類型)では、インボイス制度に対応した受発注システムが対象。発注者がインボイス対応のITツールを導入し、受注者に対して無償でアカウントを提供して利用させる際の費用の一部を補助します。

セキュリティ対策推進枠

セキュリティ対策推進枠は、サイバー攻撃やマルウェア感染、不正アクセスなどのサイバーインシデントによる潜在リスクの低減を目的としています。ITツールの導入費用および最大2年分のサービス利用料の補助が受けられます。

複数社連携IT導入枠

複数社連携IT導入枠では、業務上でつながる複数の中小企業・小規模事業者が連携してITツールを導入することで、生産性を向上させる取り組みを支援します。基盤導入経費や分析経費、事務費、専門家費など、経費の一部が補助されます。

kintoneもIT導入補助金の対象

kintoneもIT導入補助金の対象の画像

kintoneとは、サイボウズ株式会社が運営するクラウドサービス。簡単な操作で手軽にアプリ作成できると評判の人気サービスです。誰でも簡単に業務アプリを作成、カスタマイズできるので、業種を問わず幅広い企業で導入されています。

kintoneはIT導入補助金の対象になる

kintoneはクラウドサービスなので、IT導入補助金の対象です。IT導入補助金の対象になるサービスには、ソフトウェアの購入や最大2年分のクラウド利用料の他に、ITツールの導入支援も含まれます。

しかし、残念ながらkintone単体の導入では補助金の対象とならない可能性が非常に高いです。理由としては、補助金の条件であるプロセス数をkintoneのみでは満たすことが出来ないからです。

なので、補助金を利用して、kintoneの導入をしたい場合は少なくとも1つ以上の業務システムを、kintoneと組み合わせて申請するのがおすすめです。

また、伴走サービスによる導入サポート費用も補助対象です。IT導入補助金の活用で業務効率化・利益率アップにつながるITツールをお得に導入可能。kintoneでは、スタンダードコースとライトコースの2タイプ。

スタンダードコースは1ユーザーあたり月額1,650円(税込)、ライトコースは1ユーザーあたり月額858円(税込)です。キントーンの料金設定は、1ユーザーごとのため、ユーザー数によって費用が変動します。

まとめ

この記事では、kintoneはIT導入補助金の対象になるのかどうか、についてお伝えしました。IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者の労働生産性の向上を目的としてITツールを導入した際、導入費用の一部を支援するものです。ITツールの導入により、業務の効率化・DX化を進められるため、生産性の向上と利益率アップが期待できます。キントーンはクラウドサービスなので、IT導入補助金の対象。クラウド利用料やITツールの導入・運用サポートにかかる費用の一部が補助されます。キントーンサービスの利用を検討している担当者は、IT導入補助金の申請でお得にシステムを導入してはいかがでしょうか。

R3 キミノマホロがおすすめの理由

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
  • パッケージ化されているため費用が明確
  • 専任エンジニアがヒアリングから一貫対応
  • 導入・開発後の社内運用まで考えた提案

おすすめのkintoneパートナー会社比較表

イメージアールスリーインスティテュート<br />
キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
M-SOLUTIONS
引用元:https://smartat.jp/kintone-solution/
ジョイゾー
引用元:https://www.joyzo.co.jp/
JBCC
引用元:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/kintone/
コムチュア
引用元:https://www.comture.com/cloud/kintone.html
クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/
クオリカ
引用元:https://qualica-ss.com/2853428
会社名アールスリーインスティテュート
キミノマホロ for kintone
M-SOLUTIONSジョイゾーJBCCコムチュアクロス・ヘッドクオリカ
特徴顧客ごとに専任の担当者がつく!開発・導入に関する全体をワンストップで支援!ノンプラグラミングでの利用・他社サービスとの連携・データ移行(加工)が基本!アプリ開発が完全定額なので安心して利用可能!上位資格を持つスタッフが対応!2万5,000以上のユーザーがおり、受賞歴も多数!できない領域も最適解を提案!導入コンサル支援やアプリケーション開発、保守サービスなどを展開!さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!2016年以来自社でkintoneを活用してきた!サービスがワンストップ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR専任担当が一貫サポート!費用が明確で安心して依頼できる