【kintone】伴走支援の実績が豊富な企業おすすめ3選

公開日:2024/03/18 最終更新日:2024/03/28

伴走支援の実績が豊富な企業についてお伝えします。Kintoneを導入したものの思うような結果が得られないため、伴走支援の利用を検討している、という担当者も多いのではないでしょうか。スムーズな業務改善には、伴走支援の実績が豊富な企業を選ぶことが重要です。伴走支援実績が豊富な3社について詳しく紹介します。

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintone

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintoneのメイン画像
引用元:https://kimino-mahoro.jp/

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintoneの基本情報

会社名 アールスリーインスティテュート
住所〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 タワーC 16階
電話番号06-6271-3663

「キミノマホロ」はkintoneをはじめとしてさまざまなシステム開発の実績がある、アールスリーインスティテュートにが提供するkintone導入支援サービスです。これからkintoneの導入を検討している方も、導入したものの有効活用できていない方にも、キミノマホロがおすすめです。

サイボウズ社のオフィシャルパートナー評価制度で高い評価を獲得している実績

キミノマホロを提供するアールスリーインスティテュートは、サイボウズ社のオフィシャルパートナー評価制度「CyPN Report」のインテグレーション部門において、2022年、2023年の2年連続で最⾼評価の三つ星を獲得しています。

またアールスリーインスティテュートが提供するkintoneをノーコードでカスタマイズできるサービス「gusuku Customine」も三つ星を獲得しています。「キミノマホロ」はこのサービスを使った業務改善を得意としており、kintoneのノーコードの良さを活かしながら、kintoneのカスタマイズが実施できるサービスです。

サポートにおいては顧客ごとに業務改善やシステム開発の経験が豊富な専任の担当者をアサインし、状況や希望に合わせた対応を行うことができます。顧客に代わってシステムを作ることもあれば、担当者がアドバイスを行いながら内製化を進めることもでき、またこの両方を組み合わせることもできます。

経験豊富なプロがkintone導入をサポート

kintoneへの豊富な実績を持ち高い評価を得ているキミノマホロなら、専任の担当者による適切なサポートを受けながらkintonの導入を進められます。

また担当者は基本的に変わることがないため、つねに状況を把握しながら的確なアドバイスや対応ができるため、自社にとってのよきアドバイザーを探している会社にもおすすめです。

クロス・ヘッド

クロス・ヘッドのメイン画像
引用元:https://www.crosshead.co.jp/

クロス・ヘッドの基本情報

会社名クロス・ヘッド株式会社
住所〒108-0075 東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス24階
電話番号03-4405-7911

クロス・ヘッドは、高い技術力を駆使した最先端IT活用サービスのプロフェッショナル集団です。伴走しながら、さまざまな経営課題を解決に導いてくれます。クロス・ヘッドの特徴を紹介します。

最先端IT技術を活用し、事業競争力強化をサポート

クロス・ヘッドは、最先端IT技術の活用をリードしたプロフェッショナル集団です。豊富な実績から培われた高い技術力と確かな人間性により、経営課題を解決に導くことで競争優位性を高めます。

コンサルティングからセキュリティ対策、設計導入、保守管理まで、最先端技術を活用したサービスを提供しています。

伴走しながらチームワークやオフィスワークのさまざまな課題解決を支援

クロス・ヘッドでは、顧客と伴走しながら課題解決をサポート。業種を問わず豊富な伴走支援実績を誇る企業です。現場主導で効率的に業務改善を進められるため、将来的な内製化を目指す企業に最適でしょう。

ジョイゾー

ジョイゾーのメイン画像
引用元:https://www.joyzo.co.jp/

ジョイゾーの基本情報

会社名 株式会社ジョイゾー
住所 〒135-0016 東京都江東区東陽4-10-4 東陽町SHビル 7階

ジョイゾーは、キントーンを活用したシステム開発を主体とする企業です。サイボウズ公認SIパートナーとして豊富な実績を誇ります。ジョイゾーの特徴を紹介します。

kintoneのスペシャリストとして「価値のある」システムの開発を支援

ジョイゾーは、サイボウズ公認のSIパートナーです。キントーン認定資格を取得したスペシャリストが「価値のある」システム開発をサポートしてくれます。

二人三脚でDX推進を実現する伴走DX支援サービス「ジョイとも」

ジョイゾーが提供する伴走DX支援サービス「ジョイとも」は、キントーンを熟知したプロが身近なパートナーとして業務改善をサポート。自律的なDX化を目指し、最適なゴール設定や課題解決を継続的に支援してくれるサービスです。

システム開発に不慣れな担当者や専門知識がない、エンジニアが不在の場合でも、キントーンのスペシャリストに相談しながら二人三脚でシステム構築できます。

キントーンの活用方法やIT知識、スキルなどをプロから学べるため、自社に業務改善ノウハウが蓄積。将来的な内製化の実現につながります。

プロの解決スキルを身につけたかったり、社員の自主性を高めたかったり、ビジネスの変化に柔軟に対応できる組織を作りたい企業に向いているでしょう。

まとめ

伴走支援の実績が豊富な3社の特徴についてお伝えしました。アールスリーインスティテュートは、キントーン活用のサポートサービスを提供するシステム開発会社です。プロに相談しながらシステム構築できるため、スムーズな導入が実現可能です。クロス・ヘッドは、最先端IT技術をリードしたプロフェッショナル集団。伴走支援により経営課題を解決することで、事業競争力の向上が期待できます。ジョイゾーは、サイボウズ公認SIパートナーとして豊富な実績を誇る企業です。自律的なDX化を目指し、業務改善サポート。プロに相談しながら二人三脚でシステム構築を進められます。キントーン活用のための伴走支援をお探しの方は、今回紹介した実績豊富な3社への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのkintoneパートナー会社比較表

イメージアールスリーインスティテュート<br />
キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
M-SOLUTIONS
引用元:https://smartat.jp/kintone-solution/
ジョイゾー
引用元:https://www.joyzo.co.jp/
JBCC
引用元:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/kintone/
コムチュア
引用元:https://www.comture.com/cloud/kintone.html
クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/
クオリカ
引用元:https://qualica-ss.com/2853428
会社名アールスリーインスティテュート
キミノマホロ for kintone
M-SOLUTIONSジョイゾーJBCCコムチュアクロス・ヘッドクオリカ
特徴顧客ごとに専任の担当者がつく!開発・導入に関する全体をワンストップで支援!ノンプラグラミングでの利用・他社サービスとの連携・データ移行(加工)が基本!アプリ開発が完全定額なので安心して利用可能!上位資格を持つスタッフが対応!2万5,000以上のユーザーがおり、受賞歴も多数!できない領域も最適解を提案!導入コンサル支援やアプリケーション開発、保守サービスなどを展開!さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!2016年以来自社でkintoneを活用してきた!サービスがワンストップ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR専任担当が一貫サポート!費用が明確で安心して依頼できる