営業部でkintoneを活用する方法とは?効率化と成果向上のコツを解説!

公開日:2024/04/15 最終更新日:2024/05/23
営業部でkintoneを活用する方法とは?効率化と成果向上のコツを解説!

kintoneとは、サイボウズ株式会社が提供しているクラウドサービスのことです。累計30,000社以上、毎月550社以上が取り入れているサービスで、業務の効率化などに役立てられています。kintoneはデータを共有し見えるかできる仕組みであるため、営業サポートのツールとしても役立ちます。

営業部で役立つkintoneの機能

kintoneには営業部で役に立つ様々な機能が実装されています。その一つが日々の活動を見える化してくれるレポート機能です。kintoeneのアプリに集積されたデータをもとにグラフを作成し、リアルタイムで表示してくれます。そのおかげで、会議のための資料作成がしやすくなり、分析のたびにデータをまとめ直す手間を大幅に削減できます。

日々の営業活動の把握という点でもkintoneは役立ちます。日々の予定や顧客フォロー、タスクの期限、サービスの更新期日などを表示するリマインド通知機能があるため、タスクの抜けや漏れを防げます。kitoneは業務の進捗管理の機能も有しています。どの担当者が、どの業務を実行しているかを把握できるため、営業部全体の進捗管理ができます。

kintoneは全体情報の共有だけではなく、特にその情報を知ってほしい人を対象とした通知(メンション)もしてくれます。メンションの相手は個人だけではなく、チーム・組織単位でも行えますので、かなり小回りが利きます。

せっかく情報を共有しても、情報をもとにした意識を共有できなければ効果が半減してしまいます。情報共有が必要な社内のメンバーでコミュニケーションを取りやすくする機能や、社外のメンバーとのやりとりにも活用できるコミュニケーション機能も有しています。

スマートフォンやタブレットといったモバイルにも対応しているため、時間と場所を選ばず仕事ができるのもkintoneの機能の特徴といえるでしょう。さらに、kintone専用の拡張機能サービスや外部サービスとの連携もできるため、幅広く利用することが可能です。

営業部でkintoneを活用するメリット

営業部でkintoneを活用するメリットの画像
営業部でkintoneを活用するメリットは3つあります。1つ目は顧客情報をチームで共有できることです。たとえば、顧客からもらった名刺の情報をチーム全員で共有したり、PCやスマホから簡単に該当する顧客の情報を検索できたり、案件履歴を紐づけ管理したりできます。これまで、担当者が一人で抱え込んでいた情報をチーム全員で共有することで、「担当者以外はわからない」という状況を回避し、業務の属人化を防げます。

2つ目は全体進捗を見える化(案件管理)できることです。営業部のそれぞれのメンバーが実行しているタスクや顧客情報を閲覧できるため、チームリーダーは迅速に指示できます。案件管理機能を使うと、外出先でもタスクや顧客の状況を確認できますし、レポート機能を使用して案件の進捗報告の手間を減らせます。

また、案件管理の履歴を見ることで担当者の変更や体調不良による休みといった不測の事態が発生したときでもスムーズに案件を引き継ぐことができます。

3つ目はスピーディな申請業務の実現です。営業活動を行っていると交通費の申請や社内での稟議など様々な申請が必要となります。そのたびに、担当している部署や上司との確認に時間がとられがちです。kintoneではスマホを使って申請業務ができるため、外出先からスピード決済してもらうことができ、営業の機動力を高められます。また、申請状況が一目でわかるため管理者側も労力を節約できるというメリットがあります。

他にもセミナー参加者の情報を一元管理できる「セミナー管理」や契約書の作成から確認まで一貫して行ってくれる「契約書管理」など便利な機能が多数取り揃えられています。

kintoneの活用術

kitoneを導入した企業のなかには大きな成功を上げているものもあります。たとえば、電気・ガス代見直しサービスサイトのエネチェンジを運営しているエネチェンジ株式会社では、kintoneの導入により法人案件を15倍に伸ばすなど、成約件数を一気に伸ばしつつそれらを適切に管理できるようになりました。

kitoneの導入前は顧客情報をエクセル上で管理していたため、データが重くて開かなかったり、計算式がずれたりといった弊害が発生してきました。kintone導入後は顧客管理の手間が大幅に削減され業務効率が改善されました。顧客からの問い合わせの記録もスムーズにできるようになり、案件数を増やしても処理できるようになったのです。

また、専門知識がない非エンジニアでもkitoneを管理できるというメリットがあります。専門家を新たに雇ったり、社内の他部署から移動させたりしなくてもよいため、導入の負担が軽いという長所もあるのです。

まとめ

今回はkitoneを営業部で活用するメリットや活用例について解説してきました。kintoneは会社の情報共有のしやすさや業務効率の改善という点で大きな効果が期待できるツールです。足元の教務を効率化し、新たな成長チャンスを生み出したいと考えているのであれば、ぜひ一度、kintoneの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

R3 キミノマホロがおすすめの理由

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
  • パッケージ化されているため費用が明確
  • 専任エンジニアがヒアリングから一貫対応
  • 導入・開発後の社内運用まで考えた提案

おすすめのkintoneパートナー会社比較表

イメージアールスリーインスティテュート<br />
キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
M-SOLUTIONS
引用元:https://smartat.jp/kintone-solution/
ジョイゾー
引用元:https://www.joyzo.co.jp/
JBCC
引用元:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/kintone/
コムチュア
引用元:https://www.comture.com/cloud/kintone.html
クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/
クオリカ
引用元:https://qualica-ss.com/2853428
会社名アールスリーインスティテュート
キミノマホロ for kintone
M-SOLUTIONSジョイゾーJBCCコムチュアクロス・ヘッドクオリカ
特徴顧客ごとに専任の担当者がつく!開発・導入に関する全体をワンストップで支援!ノンプラグラミングでの利用・他社サービスとの連携・データ移行(加工)が基本!アプリ開発が完全定額なので安心して利用可能!上位資格を持つスタッフが対応!2万5,000以上のユーザーがおり、受賞歴も多数!できない領域も最適解を提案!導入コンサル支援やアプリケーション開発、保守サービスなどを展開!さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!2016年以来自社でkintoneを活用してきた!サービスがワンストップ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

PR専任担当が一貫サポート!費用が明確で安心して依頼できる