クロス・ヘッド

公開日:2024/03/07 最終更新日:2024/05/23

クロス・ヘッド

クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/

さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!

おすすめポイント

ポイント1 さまざまな業界に対応
ポイント2 年間取扱案件数140件以上
ポイント3 自社開発のAPIプラグインがある

基本情報

事業内容・kintone導入支援
・サービス連携サポート
・その他サービス活用支援
商談形式オンライン:全国
訪問:全国
星獲得インテグレーション部門★★
kintone認定資格31名(延べ)
会社概要社名:クロス・ヘッド株式会社
本社:東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス24階

クロス・ヘッドはkintoneによるDX推進支援からkintoneの導入活用支援、kintoneのプラグイン提供などを行いkintoneに対する幅広いサポートを行っている会社です。ここではそんなクロス・ヘッドのkintone導入・開発支援について詳しくご紹介します。

クロス・ヘッドの特徴①kintone de かんたんDX

クロス・ヘッドの画像
「kintone de かんたんDX」は、kintone導入支援、kintoneカスタマイズ開発、搬送型kintone導入支援、kintone受信メール取込み、kintoneプラグインといったサービスを組み合わせたDX支援サービスです。小さな業務改善の支援を通じて、最終的に意識改革や企業文化改革によるDX実現を目指すためのサービスでもあり、少しずつDX化を受け入れられる環境を構築していきます。

kintone de かんたんDXのすすめ方

「kintone de かんたんDX」では、スピード、正確性、品質、コスト、心理的負担などの観点から、もっともボトルネックになっている業務を特定することからスタートします。次に特定した業務を分析してkintone単体、またはkintoneとほかのサービスを連携することで最大のボトルネックを解消します。

ボトルネックが解消されると業務改善の効果も大きくなり、携わる関係者が実感として大きな改善効果を共有できるようになります。そしてこれが成功体験となることで改善のきっかけになり、次々とボトルネックが改善されていくでしょう。

ボトルネックの解消が進んでいくにつれ、改善に興味を持つ関係者やDX活動の協力者となるファンが生まれ、自発的・自然的な改善が進んでいきます。これが次第に全社レベルに広がっていくことで、無理なく企業全体のDXが達成されていくでしょう。

料金形態

「kintone de かんたんDX」は、初回相談無料でヒアリングやkintone紹介とデモ、業務に合わせたシステムイメージの紹介を受けた後に3つのプランから選ぶことができます。

ぴたっとプラン

ぴたっとプランは脱エクセルに限定した定額開発プランです。
内容:要件ヒアリング、アプリ作成、引き渡し
料金:45万円/4アプリ
※ドキュメント作成、カスタマイズ開発、Excelマクロ・複雑な計算式の移行は対象外です。

さくっとプラン

さくっとプランは、企業で作成できるようにサポートしてくれるプランです。
内容:kintone操作レクチャー、要件ヒアリング、アプリ構築提案、アプリ作成支援
料金:36万円~(相談会3回開催)

まるっとプラン

まるっとプランは、要件をヒアリングしたうえでクロス・ヘッドが構築を行うプランです。
内容:要件ヒアリング、要件確認・設計・開発、引き渡し・移行、サポート
金額:初回相談後に提示

クロス・ヘッドの特徴②SAPoTTo(サポっと)

クロス・ヘッドの画像
SAPoTToは、kintoneアプリを自分で作れるようにサポートするアドバイザリーサービスです。プランは「kintone de かんたんDX」と同じで、3回打ち合わせ36万円〜となっています。自社に適した機能が備わったアプリを使用できることで、業務効率化やコスト削減など企業ごとに抱える課題を解決できます。例として下記のようなアプリの開発のサポートが可能です。

在庫管理アプリ

kintoneアプリに入出荷数を記録するだけで、リアルタイムで在庫数の確認ができるアプリです。不足分を事前に発注でき、適切な在庫状況を維持できるようになるため業務効率アップや取引先からの信頼度アップ、商品の欠品の減少、出荷依頼のミスの減少などを実現できます。

人事管理アプリ

人事管理アプリでは、各社員の入社日や部署、役職、評価、資格などの情報を一元管理できます。プラグインの選定なども含めた企業ごとに最適な人事管理アプリを完成させられるようクロス・ヘッドがサポートしてくれます。

顧客管理アプリ

これまでExcelで管理していた顧客データを、kintoneアプリに集約できるのが顧客管理アプリです。対応履歴管理アプリも作成することで、どのユーザーにどの資料を送付したのかもチェックできるようになります。

営業管理アプリ

営業管理アプリではkintoneでスピーディに簡易SFA(営業支援システム)を作成できるようになります。実際の導入事例では新サービス提供に合わせて営業管理アプリ作成をサポートし、顧客情報や提案状況、打ち合わせ履歴アプリでスムーズなサービス提供が可能になっています。

文書共有アプリ

ファイルサーバーでは解決できなかったグループ会社間でのファイル共有を、kintoneで叶えられるのが文書共有アプリです。英語対応も可能なので、海外法人への共有もスムーズになります。

資産管理アプリ

資産管理アプリでは、IT資産管理はもちろんテレワークに伴うPCの貸出申請や承認などもkintone上で行えるようにできます。Excelでは難しかったステータス管理やワークフローが可能になり、よりスムーズに資産管理ができるようになります。

クロス・ヘッドの特徴③CROSS PLugins(クロスプラグインズ)

クロス・ヘッドの画像
クロス・ヘッドでは、kintoneのプラグインの開発・提供も行っています。kintoneプラグインを利用することでkintoneの機能を拡張でき、より企業にあったkintoneの活用ができるようになります。プラグインの種類や価格は下記のようになっています。

テーブル初期値セット:27万6,000円/年
フィールド非表示:4万8,000円/年
条件フィールド制御:6万円/年
テーブルルックアップ:14万4,000円/年
テーブル内重複チェック:6万円/年
自動採番:9万6,000円/年
チェックボックス折返し表示:6万円/年
フィールドコピー:3万6,000円/年

これらのプラグインを利用する場合は、kintoneスタンダートコースの契約が必要であり、ご紹介した価格にkintoneの利用料金は含まれていません。また契約期間中の解約や払い戻しはできないため注意しましょう。

まずは公式サイトをチェックしてみよう!

kintoneの導入による会社全体のDX化から、kintoneアプリの作成支援など、kintoneを活用するためのさまざまなサービスを行っているクロス・ヘッドが気になったら、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。ご紹介した以外にもクロス・ヘッドではグループウェアの導入や活用の支援、サイボウズ製品と他製品との連携活用の支援なども行っています。詳しい内容はお問い合わせにて確認し、クロス・ヘッドに依頼してスムーズなkintone導入を行いましょう。

クロス・ヘッドの導入事例

営業が情報を個々で抱えて動いてしまうことに問題を感じ、kintoneを導入。クロス・ヘッドと協力し顧客管理の脱属人化に成功!(第一カッター興業株式会社)

“問題が発生した際、すぐ対応してくれることが、とても助かりますね。「アップデートした後、エラーが起きました」「こういった現象が起きました」とお伝えすると、大竹さんからすぐに連絡をいただけて。
現在弊社ではアカウントが190程度あり、私がクレームの受け皿になっています。何か問題が起きたとき、すぐ対応しなければいけないのに、答えが出ない。そんなとき大竹さんがサッと原因を調べて対応してくれます。”

運営者コメント

第一カッター興業株式会社はクロス・ヘッドについて、何か問題が起きたときの対応の早さを評価しています。kintoneは、導入したら終わり、開発したら終わりというものではありません。そのため、このようにスピーディーで親身なサポートをしてくれる導入・開発支援会社を選んでおくと安心です。

“kintoneのプロ”によるアプリ作成方法を、アドバイザリーサービス「SAPoTTo」で体験!業務におけるExcelの限界を、プロが教えるkintoneアプリで解決!(株式会社MCデータプラス)

最初は自分たちだけで人事データベースを作ろうと思っていました。そのためにkintoneの無料セミナーにも参加しましたし、kintoneについてはいろいろと調べて簡単なアプリを作ってみたりしました。いざ取りかかってみると、kintoneは作る上での自由度が高く、作り方に迷いが生じたということがあります。また、アウトプットを考えたときにイメージ通りに集計が出せるのかという不安も感じていました。プラグインのことも調べていて知ってはいたのですが、種類がたくさんあるし、どの製品を選択すればよいのか、自分たちで判断するには知識も経験も足りないと自覚しはじめていたので、プロに具体的なアドバイスをもらえる方法がないか検討を始めました。

運営者コメント

株式会社MCデータプラスの方がおっしゃるように、kintoneは自由度が高いからこそ迷ってしまうというケースも多いのではないでしょうか。そんなときに活用したいのが導入・開発支援会社です。企業ごとの課題や目的に合わせた最適な提案をしてくれます。

懸案だった在庫をリアルタイムに把握できるシステムがようやく完成。基幹システムとの連携でも良きアドバイスを期待しています!(小川峰株式会社)

何か解決の手立てが見つかればと思い2020年11月、幕張で開催されたCybozu Days 2020 「エゴ&ピース」に足を運びました。そのとき、クロスヘッドのSAPoTToや在庫管理システムに使えそうなプラグインに出会いました。 両社から話を伺い、SAPoTToを選定した理由は大きくは2つ。ひとつはコストです。プラグインは当社の予算をオーバーしていました。一方、SAPoTToのさくっとプランは相談会開催3回で36万円と明確。手頃な価格だと思いました。 もうひとつは機能・サービス内容です。当初検討していたプラグインはチャットがメインで、リアルタイムに在庫を把握する機能に特化しているわけではありませんでした。その点、SAPoTToのさくっとプランはkintoneの操作レクチャーから業務・要件ヒアリング、アプリ構成の提案、アプリ作成支援まで行ってくれるサービスでした。SAPoTToで取り組めば、求める在庫管理システムを構築できる期待とともに我々も勉強できると思い、依頼することに決めました。

運営者コメント

クロスヘッドの「SAPoTTo」は、「kintoneを自分で作れるようにサポートするアドバイザリーサービス」で、「打ち合わせ3回で36万円」という分かりやすい料金プランが魅力のサービスです。予算が限られている方はもちろん、kintone導入・支援会社にすべて丸投げするのではなく、自分たちでkintoneを運用できるようになりたいという方は、ぜひ検討してみるとよいでしょう。

R3 キミノマホロがおすすめの理由

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
  • パッケージ化されているため費用が明確
  • 専任エンジニアがヒアリングから一貫対応
  • 導入・開発後の社内運用まで考えた提案

おすすめのkintoneパートナー会社比較表

イメージアールスリーインスティテュート<br />キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
M-SOLUTIONS
引用元:https://smartat.jp/kintone-solution/
ジョイゾー
引用元:https://www.joyzo.co.jp/
JBCC
引用元:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/kintone/
コムチュア
引用元:https://www.comture.com/cloud/kintone.html
クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/
クオリカ
引用元:https://qualica-ss.com/2853428
会社名アールスリーインスティテュート
キミノマホロ for kintone
M-SOLUTIONSジョイゾーJBCCコムチュアクロス・ヘッドクオリカ
特徴顧客ごとに専任の担当者がつく!開発・導入に関する全体をワンストップで支援!ノンプラグラミングでの利用・他社サービスとの連携・データ移行(加工)が基本!アプリ開発が完全定額なので安心して利用可能!上位資格を持つスタッフが対応!2万5,000以上のユーザーがおり、受賞歴も多数!できない領域も最適解を提案!導入コンサル支援やアプリケーション開発、保守サービスなどを展開!さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!2016年以来自社でkintoneを活用してきた!サービスがワンストップ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
PR専任担当が一貫サポート!費用が明確で安心して依頼できる