タクトシステムズ

公開日:2024/03/15 最終更新日:2024/05/28
タクトシステムズ

近年では、ネットが大きく普及したことにより、ネット社会となりました。ネットがなければ生きていけないと考えている方もいるかもしれません。そんなネットを普及させるために必要となってくるのがアプリケーションシステムの開発です。今回は、そんな開発などを行っているタクトシステムズの特徴について、詳しく解説します。

最先端のITシステムを提供する独立系ソフトハウス

今回紹介するタクトシステムズは、東京に本社を構えながら、大阪と新潟にも事務所があります。タクトシステムズは、コンサルテーションからシステム開発、運用、保守サービスなどをさまざまな業界・業種のお客さんに提供している会社です。

社員一人ひとりの成長が会社の成長に直結するように、未来に向けて取り組んでいる企業を目指しています。

経営理念

タクトシステムズは、社員一人ひとりの自己実現を支援することを経営理念としており、社員が充実感や満足度の高さを感じることで、仕事のモチベーションを保てるような職場環境の改善に取り組んでいるのも特徴です。

事業内容

タクトシステムズの事業内容は、システム開発とパッケージソフトの開発・販売が中心となっており、システム開発は、製造や金融業など数多くの分野で、アプリの開発や運用、保守サービスまで実施しています。パッケージソフトの販売は、タクトシステムズが開発した製品の販売や、おすすめの製品を販売しています。

エンタープライズシステム開発

近年、さまざまな企業がDX化を進めています。そんな中、タクトシステムズでは、エンタープライズシステム開発サービスを実施することにより、お客さんが経営に関して、問題となっている点を解決に導きます

それだけでなく、最新技術を取り入れた情報システムの構築や運用をワンストップサービスで提供となるため、非常におすすめといえるでしょう。

あらゆるニーズに応え、高品質なサービスを提供

タクトシステムズは、お客さんのさまざまなニーズに沿ったレベルの高いサービスを提供できるという独自の強みがあるのが特徴です。下記では、その強みを作り出すために行っている取り組みについて、詳しく解説します。

CMMIを利用したソフトウェア開発プロセスの最適化

CMMIというのは、ある大学で開発されたソフトウェアプロセスの評価や改善を実施するための方法論です。このCMMIは、今や世界各国、いろいろ所で利用されています。

タクトシステムズは、そんな管理系・開発系などのプロセスで、CMMI能力がレベル3と認められています。そのため、プロセス改善によりレベルの高いシステム開発が可能となっているのです。

ゴールドコンピテンシー認定パートナー

タクトシステムズは、マイクロソフトのGoldコンピテンシーというものを取得しているのも特徴です。こちらの取得は、多様なスキルを持った技術者の数や条件に相当する実例を提出することが不可欠となっているものであり、大変難しい審査を通過する必要があるものです。

そんな資格を取得しているということもあり、タクトシステムズは、培ったノウハウや高いスキルを活用して、さまざまなお客さんのニーズに沿ったソリューションを提供することが可能というのも、おすすめできるポイントといえるでしょう。

理論に沿ったプロジェクト管理

開発を任されている人材の行動や心理を十分に理解しながら、プロジェクト管理を実行しているため、開発期間などを大幅に短縮することが可能となっています。それにより、コストの削減にも成功しているというのも大きなポイントです。

タクトシステムズは幅広い業界でkintone開発の実績あり

タクトシステムズは多くの業界で、kintone開発の実績を持っているというのも大きな特徴です。そもそもkintoneとは、webデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスとなっており、グループで仕事していくための仕組みを備え、スムーズな情報共有を可能とし、マウス操作で自社に合ったシステムを作成することが可能となるものです。

さまざまな業界で活躍

kintoneは、店舗出店のための希望立地と地主が持っている土地の情報をマッチングする不動産業仲介業にも導入されており、非常に大きな成果をあげています。また、訪問入浴業では、訪問入浴で複数の専用車のメンバーやスケジュールの一括管理などが可能となっています。

製薬業では、取扱い薬を利用される医師の情報や処方されている患者情報の管理なども任せられるのです。このことからkintoneは、さまざま業界で活躍していることが窺えます。

プロセス管理・コミュニケーション機能

タスク処理などの進捗具合が明確に把握できたり、業務にあわせて自由に設計できるというポイントがあります。複数のアプリでのやりとりを1箇所にまとめることも可能なため、効率的に情報共有できるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

まとめ

今回は、タクトシステムズの特徴などを中心に解説しました。近年、アプリケーション市場は、技術の進歩や社会情勢の影響で変化が激しい市場の1つとなっています。そして、その動きは、今後も活発になっていくことでしょう。そんな中でも、タクトシステムズは、常に最先端の技術を求め続けている会社のため、さらなる成長が期待できます。気になる方は、ぜひタクトシステムズのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

タクトシステムズの基本情報

事業内容 ・業務アプリケーション・システムの開発
・パッケージソフトの販売
・技術コンサルティング
など
商談形式 オンライン:全国
訪問:東京 神奈川 千葉 埼玉 大阪 兵庫 京都 奈良
kintone認定資格 5名(延べ)
会社情報社名:タクトシステムズ株式会社
本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-10-2(東五反田スクエア4F)
TEL:03-3445-3100

R3 キミノマホロがおすすめの理由

アールスリーインスティテュート キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
  • パッケージ化されているため費用が明確
  • 専任エンジニアがヒアリングから一貫対応
  • 導入・開発後の社内運用まで考えた提案

おすすめのkintoneパートナー会社比較表

イメージアールスリーインスティテュート<br />
キミノマホロ for kintone
引用元:https://kimino-mahoro.jp/
M-SOLUTIONS
引用元:https://smartat.jp/kintone-solution/
ジョイゾー
引用元:https://www.joyzo.co.jp/
JBCC
引用元:https://www.jbcc.co.jp/products/solution/cloud/kintone/
コムチュア
引用元:https://www.comture.com/cloud/kintone.html
クロス・ヘッド
引用元:https://www.crosshead.co.jp/solution/
クオリカ
引用元:https://qualica-ss.com/2853428
会社名アールスリーインスティテュート
キミノマホロ for kintone
M-SOLUTIONSジョイゾーJBCCコムチュアクロス・ヘッドクオリカ
特徴顧客ごとに専任の担当者がつく!開発・導入に関する全体をワンストップで支援!ノンプラグラミングでの利用・他社サービスとの連携・データ移行(加工)が基本!アプリ開発が完全定額なので安心して利用可能!上位資格を持つスタッフが対応!2万5,000以上のユーザーがおり、受賞歴も多数!できない領域も最適解を提案!導入コンサル支援やアプリケーション開発、保守サービスなどを展開!さまざまな業界での実績を持つ!自社開発のAPI連携プラグインも用意!2016年以来自社でkintoneを活用してきた!サービスがワンストップ!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
PR専任担当が一貫サポート!費用が明確で安心して依頼できる